より大きな地図で 鹿島観光マップ β を表示
  杉を彫るという事から店名として名付けた杉彫(すぎちょう)工房の四代目小森恵雲氏は、日々お客様に喜んで頂けるように自分の心を集中し制作をされている。毎月新商品を手掛け、奥様が絵付けをし、息子である恵司さんは現代に合わせた作品も制作されている。

初代、二代目は宮大工をする傍ら面などを彫られていた。三代目である父から社寺彫刻の専門となり、現在四代目を継承されている。
恵雲氏もこの仕事を継ぐ前に色んな迷いや葛藤があったそうだ。そんな時に兄弟と富士山に登る事になる。肥前山口駅から夜行電車のあけぼのに乗り、ご来光を眺めて頂上を目指した。富士山の影を見た事は今でも鮮明に記憶に残っていて、自然の偉大さに感動すると同時に自分の小ささに気づき、そこで自分の中の迷いや葛藤が吹っ切れたそうだ。
自分の作品はこの先に残っていくものであり、継ぐ事を決心し今日に至る。
「木の性質も様々。長年彫り続けていても思い通りにならないが、最後の最後までその木を活かす作品作りをする。想いを作り、伝統を残していきたい。」
と、言われた。
受け継いできたもの、そして時代の変化を捉えながら常に作品の探求をされている小森氏。
楽しみながら作り、伝わる作品を心がけているそうだ。

2002年には佐賀マイスターに認定され、制作をする傍ら学校等、公的な施設で物づくりの指導もされている。
JAより依頼があり佐賀牛、佐賀産和牛のプレートを木彫りで製作。2009年までに約1200枚を制作。海外の飲食店でもプレートが置いてある。

木彫りとなると高価なイメージがあるが、安価だと小物で350円。上に限りはないが、お客様の予算に応じて制作も可能である。
また、お孫さんが産まれた時にお雛様を作った事がきっかけで毎年木彫りひな人形展を行い、自宅の座敷を開放して無料で見学が出来るようにした。作品は全て購入可能である。

 
体験教室 月会費3000円 月2回実施
面だけでなく、最終的にはオリジナルのもので受講生が作りたいものを作って良いというスタイルで教室をされている。
    問合せ 0954-62-9574     
    住所   鹿島市古枝 1221-1  
       
         
 
 
トップアクセス宿泊グルメお土産体験見どころイベント動画伝統工芸会員一覧お問い合わせ
 
  一般社団法人 鹿島市観光協会 TEL 0954-62-3942 〒849-1321 佐賀県鹿島市古枝甲1494-1(観光案内所) 
  鹿島市観光物産センター TEL 0954-62-1042 〒849-1311 佐賀県鹿島市高津原4111-2(JR肥前鹿島駅構内)
  Copyright(C) Kashima shimashima web All Rights Reserved